#ad #PR #スポンサー

代表チーム

バスケW杯フィリピン代表のNBA選手やメンバー一覧【2023年最新版】

2023年8月31日

2023年8月25日から開幕した、FIBAバスケットボールワールドカップ2023フィリピン代表が出場しています。

あなたはフィリピン代表メンバーについて気になっていませんか?

  • フィリピン代表にNBA選手はいるの?
  • メンバーや注目選手の情報は?
  • フィリピン代表の世界ランキングは何位?

上記の疑問が私の頭にも浮かんだので、調査することにしました。

私はバスケットボールを15年以上指導した経歴があり、選手や試合を見る目に自信がありますよ。

JBA公認のコーチライセンスも取得しています↓↓↓

そんな私がこの記事で、FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場するフィリピン代表のチームやメンバーについて徹底解説します。

最後まで読めば、フィリピン代表について詳しくなり、バスケW杯の観戦がより楽しくなりますよ!

バスケW杯2023|フィリピン代表のNBA選手

FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場する、フィリピン代表のNBA選手ジョーダン・クラークソン選手です。

母親がフィリピン出身、父親はアフリカ系アメリカ人のジョーダン・クラークソン選手。

6歳の頃、テキサス州サンアントニオに移住して、カレン・ワグナー高校でバスケットボールを始めます。

高校のシニア(4年生)の時には、以下のようなスタッツを記録しました。

PTSREBASTSTL
18.9点6.1本3.4本2.1本

高校卒業後、最初に進学したタルサ大学でも、ジョーダン・クラークソン選手は多くの試合で好成績を収めています。

その後はミズーリ大学に転校し、赤シャツジュニアとして35試合に出場しました。

ミズーリ大学におけるジョーダン・クラークソン選手の平均スタッツは以下の通りです。

PTSREBASTSTL
17.5点3.8本3.4本1.1本

2014年のNBAドラフトにエントリーし、ワシントン・ウィザーズから46位で指名された後、ロサンゼルス・レイカーズにトレードされました。

レイカーズ時代、ジョーダン・クラークソン選手はNBAオールルーキーファーストチームに選出されています。

その後はクリーブランド・キャバリアーズを経て、2019年からはユタ・ジャズに所属しました。

2021年、ジョーダン・クラークソン選手はジャズでNBAシックスマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれていますよ。

>>>NBA楽天の無償提供キャンペーンを調査!楽天モバイルを契約してみた!

プロフィールやプレースタイルの特徴

ポジションG
生年月日1992年6月7日
出身アメリカ合衆国
フロリダ州
タンパ
年齢31歳(2023年8月30日現在)
身長196cm
体重88kg
所属チームユタ・ジャズ
  • プレースタイルの特徴
    • 多国籍であるバックグラウンド
    • スコアリング能力が高い
    • 優秀なシックスマン

フィリピンにルーツがあり、多国籍なバックグラウンドによって異なる文化や価値観を持ち合わせているジョーダン・クラークソン選手。

このことはプレースタイルや人間性にも影響を与えており、バスケットへのアプローチチーム内でのコミュニケーションに豊かな色彩を与えています。

フィリピンなどアジアのファンからの支持が絶大であることも、多国籍な背景による独特な魅力があることの証です。

上記の動画を見ても分かるように、ジョーダン・クラークソン選手はドライブ・ミドル・ロングレンジのシュートなど、コート上のあらゆる位置で得点することができます。

瞬発力とスピードを活かしたドライブからのフィニッシュや正確なジャンプシュートでディフェンダーを翻弄できることに加え、クラッチタイムでの冷静な判断とショットセレクションが可能なトップスコアラーです。

フィリピン代表ではスタメンですが、シックスマンとしてベンチから出場し、一気にチームの流れを変えてしまうこともジョーダン・クラークソン選手の特徴ですよ。

>>>NBA楽天の無償提供キャンペーンを調査!楽天モバイルを契約してみた!

バスケW杯2023|フィリピン代表のメンバーまとめ

FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場する、フィリピン代表メンバーをご紹介します。

選手名POS身長誕生日所属
キーファー
・ラベナ
G1831993
10/27
滋賀
レイクス
ジョーダン
・クラー
クソン
G1961992
6/7
ジャズ
(NBA)
スコッティ
・トンプ
ソン
G1851993
7/12
フィリ
ピン
リーグ
カイ・
ソット
C2182002
5/11
広島
ドラゴン
フライズ
ジャミエ・
マロンゾ
F2011996
7/1
フィリ
ピン
リーグ
ジュネ・
マル・
ファジャ
ルド
C2111989
11/17
フィリ
ピン
リーグ
ロジャー・
ポゴイ
G1881992
6/16
フィリ
ピン
リーグ
CJ・
ペレス
G1881993
11/17
フィリ
ピン
リーグ
ルヘンズ・
アバンド
G1881998
3/11
韓国
リーグ
ドワイト・
ラモス
G1931998
9/2
レバンガ
北海道
ジャペト・
アグイラル
F2061987
1/25
フィリ
ピン
リーグ
AJ・
エドゥ
F2082000
1/1
富山
グラウジ
ーズ

国内リーグでプレーする選手が半数であるフィリピン代表メンバーですが、日本のBリーグで活躍する選手が4人もいます!

Bリーグの各チームで主力級の活躍をしている選手ばかりなので、ワールドカップでも彼らの姿を見れるのが嬉しいBリーグファンは多いのではないでしょうか^ ^

アジアの中ではプロリーグをいち早く立ち上げたからか、1960年代のアジア選手権ではずっとメダルを獲得し続けていたフィリピン代表。

そんな古豪とも呼べる、バスケットボール男子フィリピン代表の注目メンバーは誰なのでしょうか。

バスケW杯2023|フィリピン代表の注目選手

FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場する、フィリピン代表の注目選手をご紹介します。

バスケW杯フィリピン代表の注目選手は以下の通りです。

  • ドワイト・ラモス
  • ジュネ・マル・ファジャルド

それぞれ順番に解説しますね。

バスケW杯フィリピン代表の注目選手|①ドワイト・ラモス

ポジションG
生年月日1998年9月2日
出身アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ウェストコビーナ
年齢24歳(2023年8月30日現在)
身長193cm
体重95kg
所属チームレバンガ北海道
  • プレースタイルの特徴
    • 高確率の3ポイントシュート
    • ペリメターでの得点能力
    • 屈強なフィジカル

日本のBリーグで活躍しているドワイト・ラモス選手

3ポイントシュートを高い確率で決めることができるシューターです。

コーナーからのスポットアップシュートはかなり高精度ですよ。

上記の動画の冒頭部分を見ても分かる通り、ドワイト・ラモス選手はペリメターからでも得点できます。

屈強なフィジカルの持ち主なので、ゴール下に外国籍の選手がいてもなりふり構わず切り込んで、バスケットカウントを奪うことが可能です。

フィリピン代表においても、ドワイト・ラモス選手のスコアリング能力は重宝されるでしょう。

バスケW杯フィリピン代表の注目選手|②ジュネ・マル・ファジャルド

ポジションC
生年月日1989年11月17日
出身フィリピン
コンポステーラ
年齢33歳(2023年8月30日現在)
身長211cm
体重122kg
所属チームサン・ミゲル・ビアメン
  • プレースタイルの特徴
    • ペイントエリアでの得点能力
    • 柔らかいシュートタッチ
    • 鋼のような肉体

ジュネ・マル・ファジャルド選手はフィリピン代表を支えるベテラン選手です。

並外れた体格から、愛称は「クラーケン」なんだとか。

ペイントエリア内では身体の幅を活かしたポストプレーで得点を量産します。

上記の動画の0:57のプレーを見ても分かるように、シュートタッチが柔らかいのでミドルからロングレンジまでのシュートも得意です。

恵まれた肉体はまさに鋼のようで、コンタクトに来た相手ディフェンダーはことごとく弾き飛ばされてしまいますよ。

FIBAバスケットボールワールドカップでも、若手を支える大黒柱としての活躍に注目してください。

バスケW杯2023|フィリピン代表の世界ランキング

ここからは、バスケットボール男子フィリピン代表の世界ランキングについて解説していきます。

前後の順位のチームと合わせてご覧ください。

代表チーム名世界ランキング
(FIBAランク)
大韓民国38位
ハンガリー39位
フィリピン40位
アンゴラ41位
コートジボワール42位
情報元:FIBAランキング最新版|バスケットボール男子・日本代表・世界ランク/Olympics.com

2023年8月現在、フィリピン代表の世界ランキングは40位です。

日本代表(36位)と国際強化試合を行ったアンゴラ代表の1つ上の順位ということがわかりました。

バスケットボールの世界ランキングは、FIBAが過去8年間の国際大会の成績を数値化してランキング化したものになります。

バスケットボール男子フィリピン代表の、主な国際大会での成績は以下の通りです。

  • ワールドカップ
    • 2014年:21位
    • 2019年:32位
  • FIBA男子アジアカップ
    • 2015年:準優勝
    • 2017年:7位

オリンピックやワールドカップでは成績がなかなか振るわないフィリピン代表ですが、アジアでは無視できない存在となっています。

フィリピン代表メンバーには海外リーグで活躍する選手が複数人いますので、そのこともアジア内での熾烈な競争に参加できている要因の1つでしょう。

FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場する、フィリピン代表メンバーたちの活躍から今後も目が離せませんよね!

バスケW杯2023|フィリピン代表の監督

FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場する、フィリピン代表の指揮をとるのはチョット・レイエス監督です。

プロフィールをご紹介しますね。

バスケW杯フィリピン代表監督

  • 名前:ビンセント・チョット・レイエス
  • 表記:Vincent "Chot" P. Reyes
  • 生年月日:1963年8月1日
  • 出身地:フィリピン・ケソン市
  • コーチ歴:1990年〜

チョット・レイエス監督のコーチ歴はなんと30年以上なんだとか。

15年ほどの指導歴がある私とは、実に2倍以上の差があります。

飽き性な私なら、途中で違う職業に変わっているかもしれません^ ^;

そうやって粘り強くフィリピン代表を強化してきたチョット・レイエス監督は、2013年にFIBA男子アジアカップで銀メダル獲得という歴史的な快挙を成し遂げます。

2014年、フィリピン代表にとっては36年ぶりとなるワールドカップ出場に貢献しました。

FIBAバスケットボールワールドカップ2023でも、フィリピン代表を指導するチョット・レイエス監督の手腕に注目しましょう。

結論:バスケW杯2023のフィリピン代表にはNBA選手が1人いた!古豪チームの躍進に注目!

今回は、FIBAバスケットボールワールドカップ2023に出場するフィリピン代表のNBA選手やメンバーなどのチーム情報をまとめました。

NBAでプレーするジョーダン・クラークソン選手はもちろんですが、日本で活躍するBリーガーも多数メンバー入りしているフィリピン代表。

アジアでも人気の古豪チームであり、世界ランキングの順位だけでは測れない注目度の高さが伺えます。

これからも、バスケットボール男子フィリピン代表の活動を応援していきます!

フィリピン代表と同じグループAにいるチームの記事も書いたので、ぜひ読んでください↓↓↓

-代表チーム
-