赤山禅院の由緒 年中行事 境内について 参拝のご案内

慈覚大師 円仁 皇城表鬼門 千日回峰行 ぜんそく封じ へちま加持 もみじ祭 数珠供養 都七福神 福禄寿の寺 「五十払い」の起源 「敬老会」発祥の地


「阿闍梨さん」 赤山の四季

ENGLISH中文한국어

サイトマップ


赤山の四季

春

今年も、エイザンスミレがそっと咲いています

今年も、エイザンスミレがそっと咲いています。



いつの間にか、水が優しくなってきました。

いつの間にか、水が優しくなってきました。



遅咲きの桜。屋根の上の猿も待っていたでしょうか。

遅咲きの桜。屋根の上の猿も待っていたでしょうか。



庭の緑が、日に日に色濃くなっていきます。

庭の緑が、日に日に色濃くなっていきます。



初夏

秋にはもみじのトンネルと呼ばれる参道が、初夏の今は青もみじに染まっています”

秋にはもみじのトンネルと呼ばれる参道が、初夏の今は青もみじに染まっています。



本殿の向こうには、叡山へと続く緑。

本殿の向こうには、叡山へと続く緑。



幾重もの青もみじの向こうに夏がやってきています。

幾重もの青もみじの向こうに夏がやってきています。



都七福神の一神をまつる福禄寿殿は、まるで緑の中にうもれるように。

都七福神の一神をまつる福禄寿殿は、まるで緑の中にうもれるように。



夏本番を待つ境内を、静かに初夏の風が吹き抜けていきます。

夏本番を待つ境内を、静かに初夏の風が吹き抜けていきます。

 

秋

黄色に赤色、もみじのトンネルのはじまりです。

黄色に赤色、もみじのトンネルのはじまりです。



弁財天の前で仰ぎ見ると、空一面に秋。

弁財天の前で仰ぎ見ると、空一面に秋。



11月23日の珠数供養は、紅葉の季節で随一の賑わい。人々の祈りが重なります

11月23日の珠数供養は、紅葉の季節で随一の賑わい。人々の祈りが重なります。



深まり行く秋の中、叡南俊照大阿闍梨の護摩供が厳修されています。

深まり行く秋の中、叡南俊照大阿闍梨の護摩供が厳修されています。



三十三観音も十六羅漢も、いまは黄色の絨毯の上。

三十三観音も十六羅漢も、いまは黄色の絨毯の上。

 

冬
 

準備中

▲PAGETOP