赤山禅院の由緒 年中行事 境内について 参拝のご案内

慈覚大師 円仁 皇城表鬼門 千日回峰行 ぜんそく封じ へちま加持 もみじ祭 数珠供養 都七福神 福禄寿の寺 「五十払い」の起源 「敬老会」発祥の地


「阿闍梨さん」 赤山の四季

ENGLISH中文한국어

サイトマップ

鳥居

赤山禅院の境内について

創建以来1100年を超える歴史が積み重なる赤山禅院。 境内には、多様な社殿やお堂があり、さまざまな信仰の対象になっています。

鳥居

「赤山大明神」の額は、後水尾天皇の行幸の際に賜った勅額です。(複製)




山門

開門は午前6時、閉門は午後6時です。(参拝は午前9時~午後4時半)




参道

山門から社殿へ続く道です。秋にはあたかも紅葉のトンネルのようだといわれます。




拝殿

階段を上がると、正面に見える社殿です。
屋根の上には、鬼門除けの猿。御幣とかぐら鈴を持ち、皇城(京都御所)を守護しています。かつて夜な夜な悪さをしたため、逃げ出さないよう金網の中に入れられていると言われます。


本殿

本殿には本尊の赤山大明神が、皇城表鬼門の鎮守としてまつられています。赤山大明神は、唐の赤山にあった泰山府君を、慈覚大師 円仁の遺命によって勧請したものです。



地蔵堂

赤山大明神は、地蔵菩薩の化身であるとされます。そこで赤山禅院には地蔵菩薩をまつるお堂があります。




弁財天

日本では古く奈良時代から仏として信仰され、また七福神の一神としても知られています。赤山の弁財天は「出世弁財天」として信仰されています。



福禄寿殿

都七福神の一神、福禄寿神をまつります。
七福神の御朱印はこちらで受け付けています。(午前9時~午後4時半終了)



相生社

縁結びの神として知られます。
2つの鳥居が並んでいるのは、夫婦鳥居と呼ばれ、手をつないで通った二人は結ばれる、との言い伝えがあります。
また、相生社の絵馬は「おしどり絵馬」として知られます。


不動堂

比叡山延暦寺と赤山禅院を結ぶ雲母坂(きららざか)にあった雲母寺(うんもじ)の本堂と本尊・不動明王が移されたものです。(雲母寺は、平安時代に、千日回峰行の創始者・相応和尚が開いた寺院でしたが、明治に入って廃寺となりました)不動明王像は、伝教大師 最澄の作とも伝えられます。
現在も不動堂では、伝統に則り、大阿闍梨が護摩供を行います。

正念誦・還念珠

正念誦・還念珠

順路通りに参拝された方は、2度、大きな珠数をくぐることになります。これは「正念誦(しょうねんじゅ)」「還念珠(かんねんじゅ)」という密教の重要な考え方を示したものです。
最初の珠数をくぐりながら、心にうかんだ願いについて、参拝の間、思い続けてください。そして、最後の還念珠をくぐりながら、やはりその願いが大切だと考えるなら、その願いに向けてあなたが努力をすることを誓い、仏さまに力をかしてくださるよう祈ってください。きっと、ご加護があることでしょう。