赤山禅院の由緒 年中行事 境内について 参拝のご案内

慈覚大師 円仁 皇城表鬼門 千日回峰行 ぜんそく封じ へちま加持 もみじ祭 数珠供養 都七福神 福禄寿の寺 「五十払い」の起源 「敬老会」発祥の地


「阿闍梨さん」 赤山の四季

ENGLISH中文한국어

サイトマップ

護摩

天台の秘法、ぜんそく封じ へちま加持

「へちま加持」は、古くから毎年、仲秋名月の日に厳修されてきた天台の秘法です。
千日回峰行を修めた大阿闍梨が、へちまにぜんそくや気管支炎を封じ込め、加持・祈祷を行います。
古くから仲秋の名月の日に行うのは、その日から月が次第に欠けていくのと同じように、病を減じさせるためとされています。
赤山禅院には毎年、無病息災を祈って、多くの方が集まられます。

大阿闍梨が加持をした「へちまの御牘(ごとく)」を、お持ち帰りになり、作法に従ってご祈願してください。
遠方のため、当日ご参詣になれない方は、赤山禅院へお問い合わせください。「へちま加持」御牘などをお送りすることができます。

赤山禅院 075-701-5181
*仲秋の名月の日に行われるため、年によって日が変わります。ご注意ください。
*当日は臨時ピストン送迎車が運行されます。ご利用ください。
(叡山電鉄修学院駅前~赤山禅院鳥居前)